学術集会

第31回日本新生児看護学会学術集会

 このたび、第31回日本新生児看護学会学術集会を2022年11月25日(金曜日)~26日(土曜日)の2日間、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)にて開催させていただくことになりました。2020年初頭より、COVID-19の影響から、様々な行事が中止や延期になり、世界的イベントであるオリンピック・パラリンピックも1年延期となりました。本学会学術集会も、第30回日本新生児看護学会学術集会は1年延期となり、WEB開催となりました。第31回日本新生児看護学会学術集会は現地開催を予定しております。2022年11月24日(木曜日)~26日(土曜日)に長谷川久弥会長が担当する第66回日本新生児成育医学会学術集会との共同開催となっており、同会場でおこなわれます。日本新生児成育医学会とは、合同招請講演や合同シンポジウムなどを通して有機的な連携を持って運営に臨みたいと考えております。
 本学術集会のテーマは「新生児看護-未来への贈り物-」です。医療の進歩により、今まで助けられなかった命が助けられるようになった一方で、長期入院児や医療的ケア児への対応が課題となっております。未来ある子どもたちが家族とともにその子どもらしく過ごしていける環境が整えられるよう、ともに語らい、討論していければと考えております。また、ハイリスク新生児看護は「目指す看護実践能力が不明瞭」であったり、「適切な看護実践の評価が難しい」とされ、どの施設でも看護師のキャリア発達やそれに必要な教育に試行錯誤しながら実践されていると思います。科学的根拠に基づきケアを実践、教育を行うことで安全で安心な看護ケアの提供ができ、そのことが子どもの未来にもつながっていくと考えています。
 新生児看護と新生児看護の未来について皆様と一緒に日頃の成果を共有し、討論できることを楽しみにしております。皆様のご支援のほどよろしくお願いいたします。
               
  第31回日本新生児看護学会学術集会
   会長 秋谷直子
   東京女子医科大学東医療センター NICU/GCU 看護師長
 

http://jann31.umin.jp